ゆるかん

赴くままにゆるゆるっとした感想を。観劇・読書など。残念ながら頭のいい考察などはできません。「私も読んだ!観た!」な方の感想聞きたいです。お気軽にぜひ。

巴里マカロンの謎/米澤穂信 感想

高校生の頃に読んでいた小市民シリーズ。 まさかの11年ぶりの新刊。 春季、夏季、秋季ときていたので冬季はいつでるのかと思っていたのですが、 まさかのタイトル「冬季」つかないとは。 またいずれ出るといいな・・・。 以下、内容に触れます。

劇場/又吉直樹 感想

又吉さんの雰囲気が好きなので気になってはいたのですが、純文学系で読みにくいんじゃないかとちょっと敬遠しておりました。 が、手に取る機会があったので。 以下、内容に触れます。

ドロステのはてで僕ら 感想

ヨーロッパ企画初の長編映画。 たのしみでたのしみで、初めてクラウドファンディングに参加しました。 本当は映画館で最初に見たかったけれど、状況的にみれるかわからなかったので オンラインで。 反射の無いように遮光カーテンを閉めて、 気分を盛り上げる…

ぶた草の庭 感想

MONOさんが期間限定公開ということで。 今の時代にあってるというお話も聞いて楽しみに観ました。 以下、内容に触れます。

よれた僕らの水平思考 感想

おうち時間を過ごすために、配信してくださったのかな。 万能グローブ ガラパゴスダイナモスさんのお芝居。 劇団名はよく聞いてきて、だけど観たことがなくて、 何からみたらいいのかと思っていたところ これがヨーロッパ企画っぽいというオススメをいただい…

諏訪ミュージカル企画 夢!鴨川歌合戦 感想

前田建設以来、本多さんブームなのでこちらを。 ミュージカルってあんまりなじみがないんですが。 以下、内容に触れます。

昨夜のカレー明日のパン/木皿泉 感想

この前読んだ本が良かったので、木皿さんをもう一冊。 食べ物が出てくるタイトルの本って期待が高まります。 以下、内容に触れます。

僕の人生には事件が起きない/岩井勇気 感想

ネットで見かけて気になっていたけど人気で図書館の予約順がなかなか回って来ず。 やっと読めました。 以下、内容に触れます。

風が強く吹いている/三浦しをん 感想

気になりつつも読んだことなかった三浦しをんさん。 貸してもらったので読んでみました。 読んでから少し間が空いてしまいましたが・・・。 以下、内容に触れます。

前田建設ファンタジー営業部 感想

ヨーロッパ企画の上田さん脚本、本多さんも出演。 そして主演の高杉君が素敵な俳優さんだと聞いていたので楽しみに 行ってきました。 以下、内容に触れます。

暗い旅キャラバン2020 大阪編 感想

2020/2/15 sat ロフトプラスワンWESTにて DVD7.8巻発売記念。 行ってまいりました。 以下、内容に触れます。

さざなみのよる/木皿泉 感想

ネットで見かけて気になっていた作家さん。 装丁が綺麗な本はいいですね。 以下、内容に触れます。

イエティ#14 スーパードンキーヤングDX 感想

2020/2/1 sat 伊丹アイホールにて ヨーロッパ企画は好きだけど、上田さんが好きだから違う人の 作演出ってどうなんだろう、と、イエティは追っておらず。 そのうちラジオの週刊ヨーロッパ2で大歳先生を認知していくにつれ どんどん興味がわいてきて、でも最…

うるう 感想

2020/1/18 sat JMSアステールプラザにて同じ舞台を、四年ごとの再演とはいえ3回も観るのははじめての経験でした。 以下、内容に触れます。 公演期間内ですので観劇の予定のある方は以下を読むのはおすすめしません。

祝祭と予感/恩田陸 感想

蜜蜂と遠雷のスピンオフ。 本編が面白かったので期待して。 それにしてもこのシリーズの装丁は とても綺麗。 ハードカバーで揃えたくなります。以下、内容に触れます。 面白かった! 短かったのでさくさくと。 高島さん好きだったので出てきてほしかったです…

阪急電車/有川浩 感想

DVDをみたので読書の方も。 以下、内容に触れます。 『行動力があって後悔しない決意があるなら殴り返したほうがよほどすっきりするわ(抜粋)』 これは清々しい意見。 そうなのですよね、殴り返す(肉体的には暴力はあんまり良くないけど気持ちとして)のが…

ヨーロッパ企画カウントダウン 2019→2020 in KBSホール ~ギークの逆襲~ 感想

2019/12/31 tue-2020/1/1 wed KBSホールにて 今回も年越しはヨーロッパ企画で。 以下、内容に触れます。

阪急電車 感想

面白いと聞いて。 本を読む前にDVDがいいかなと本をさわりだけ読んだところでDVDを借りました。 以下、内容に触れます。

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ 感想

角田さん脚本で気になりつつも、これを大人一人で観に行くのは かなり目立つのではないかと躊躇していたら まさかの大ブーム。 これならと、一人で観に行きました 以下、内容に触れます。

夜歩く/横溝正史 感想

友人にお勧めされるも、怖そうでなかなか読めなかった本。 まず表紙が怖かった。 以下、内容に触れます。

平凡/角田光代 感想

八日目の蝉であつくなったので、角田さんの別の本を。 以下、内容に触れます。

いろごと/加藤千恵 感想

色にまつわるとっても短いお話がいくつか入っている本。 女性向けの雑誌の連載だったのかな。 以下、内容に触れます。

勝手にふるえてろ/綿矢りさ 感想

久々の綿矢さん。 以下、内容に触れます。

シーソーモンスター/伊坂幸太郎 感想

死にがいを求めて生きているの、に続く螺旋プロジェクト二作目。 どうせなら発行順に読もうかと思ったものの 図書館では予約がすごいことになっていたので、 買って読みました。 以下、内容に触れます。

死にがいを求めて生きているの/朝井リョウ 感想

昔すすめられていたけれど人気でなかなか借りられず。 やっと予約の順番が回ってきたので読んでみました。 以下、内容に触れます。

誰かが足りない/宮下奈都 感想

宮下さん、短編は初めて。 以下、内容に触れます。

八日目の蝉 感想

映画の方の感想。 本があまりによかったので、みてみました。 以下、内容に触れます。

明日の食卓/椰月美智子 感想

こちらも初めて読む作家さん。 どうしても食べ物がらみのタイトルに惹かれる癖があるので 食卓という単語をみて手に取ったらなにやらおどろおどろしい内容の帯。 気になって読んでみました。 以下、内容に触れます。

花のベッドでひるねして/よしもとばなな 感想

初めましてのよしもとばななさん。 以下、内容に触れます。

しろいろの街の、その骨の体温の/村田沙耶香 感想

村田沙耶香さんの本なら持ってますよ、と貸してもらって。 以下、内容に触れます。